事故車の処分法|オークションを使った売り方

事故車を買取する理由

車のおもちゃ

事故車となった車を処分せずに放置していると、年に1回の自動車税がかかってきてしまいます。事故車であっても買取をしてくれる業者もいるので、そういった業者に引き取ってもらいましょう。事故車となって時間がかなり経過してしまうとその車体の価値はどんどん下がってきてしまいます。事故車でも4万円や5万円などの値段がつくこともあり、新車などに至っては10万円を超えることだってあるのです。しかし、時間が経過するとその間に新たな車種が登場して型落ち車両となって価値が落ちることもあるのです。また、事故によって塗装が剥げている部分は板金の鉄部分が露出しているとそこから錆びが進行することになりかねません。そうなる前にも早めに業者に引き取ってもらいましょう。
事故車を業者が引き取った後は、解体して各部品を単体で売っていく場合と修理して1台まるごと売る場合があります。車体まるごと売るとなった場合は、業者間で行われる中古車オークションなどで販売されます。オークションでは、毎回数百台から1000台を超える多くの車両が取引されています。その会場で売られる車は、事故車も含め数多くの車両が取引されています。そのため、売れそうな車であれば事故車でも買取をして、修理してオークションなどから収益が得られるので、車の所有者側からしても業者側からしてもどちらも儲けがあり、正に一石二鳥の方法です。事故車だからといって諦めて処分するのではなく、ネットなどから買取してくれる業者を探してみましょう。

お金をもらってお得に処分

ウーマン

廃車をするためには陸運局での手続きと車体の処分で料金がかかります。しかし、廃車を買取してくれる業者に引き取ってもらうと抹消手続きと車体の処分を代行してくれる上、買取でお金をもらうことができます。

More Detail

業者独自の販売ルート

トラック

トラック買取業者は、買取をしてくれる業者によって数万円から数十万円の差がでることもあります。それは国内のみで販売をしているのか、海外での販売ルートを持っている業者かどうかによっても変わってきます。

More Detail

業者によって異なる評価点

自動車

自動車を高値で売却するためには業者選びが重要です。また、車の状態によって適した販売業者とそうでない業者もあるので、しっかりと見極めることが重要です。また査定額のポイントを高くするため売る前には洗車なども行なっておきましょう。

More Detail